読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストイック節約

ひとり暮らしサラリーマンが食費を削るためにストイックに節約するブログ

20代で2回の転職活動を経験した話についてダラダラと書き綴ってみる

はい、どうもです。
新しい年度が始まってそろそろ1カ月が経ちますが、まだまだ慌ただしい日々が続いている方が多いと思います。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
3月から就職活動がスタートした大学生は、ちょっと疲れが出てきたころでしょうか。
以前に新卒時の就職活動について書きましたが、今回は社会人になってからの転職活動について、これまたダラダラと書きたいと思います。

同じような境遇の方の何かの参考になれば幸いです。

1回目の転職(さらっと)

まず、1回目の転職活動期についてさらっと書きたいと思います。

新卒で入った民間企業(IT系・自社内開発)を2年弱で退職し、その後1年くらいは公務員試験の勉強をしながら非正規で働いていました。
最初の企業は、当時色々と理由を付けていたものの、後から考えると結局は逃げだったのかなと思います。
※この非正規へは0回目ということにしておきます

非正規期間はまったくITとは関係ないことをしていましたが、趣味の範囲でプログラミングは続けていました。
個人でなにかを作って一般に使ってもらうことも十分可能だなと思う反面、やはり規模的な面で限界があると感じていました。

そして、やっぱり自分のやりたいことは、多くの人に使ってもらえる・役に立つものを作ることだなと思い、あらためてIT業界での就職を目指すことにしました。
このあたりのフラフラした感じは大学4年時と何も変わっていないなと、自分でも辟易してしまいます。

そんな思いで始めた1回目の転職活動ですが、下記の2点を軸にして活動していました。

  • 関東(東京)で働けること
     ←一人暮らしをしたかった、都会に出たかった(田舎者の憧れ)
  • 自社内で開発ができること(受託(一次受け)or自社サービス)
     ←しっかりと腰を据えて、下請けではなくこちらの意見も反映できる環境で開発がしたかった
  • 年収は最低でも1社目と同額
     ←まだ自分の出来ることに自信がなかったため

ということで、この条件に合う企業から内定をもらって、晴れてシティーボーイになったわけです。

2回目の転職を考えた理由

入社前と話が違う

憧れのひとり暮らし、都会での生活が始まりました。
仕事についても、当時動いていた大きな案件に入れてもらって、最初の数週間はテストのみでしたがその後はがっつり開発をさせてもらってました。
後の評価面談時に聞いた話ですが、想像以上の働きをしてもらって助かった、とのことです。

ただ、その案件は半年ほどで収束し、社内には保守案件のみという状態。
社内に仕事がないなら…..外に出るわけです。

この、 外に出る とは、 SES(システムエンジニアリングサービス)、まあ所謂 技術者派遣 というやつです。
自分自身はAという企業の正社員ではありますが、B社に常駐して、B社がC社から受けている仕事の手伝いをする という形になります。
個人的には一番やりたくなかった働き方です。

入社時にSESはやっていないという話だったのですが、まあ結果的にはやっていたわけです。

SESという働き方に対して

SESの何が嫌かというと、まず、帰属意識が薄れて自分がどこに属しているのかわからなくなります。
基本的に勤務時間や休日などは常駐先に合わせるため、もうほぼ(上の例でいう)B社の社員のようになります。
ただ、B社のほうでもう開発の人数が必要なくなったという場合には、その時点でB社からは退場、社内に戻ります。その時点で社内に仕事が無ければ、さらに別のD社へ常駐…という具合です。
つまり、A社の正社員でありながらも、他社の契約社員のような働き方になるわけです。

あとは、納品物ではなく作業時間に対してお金が動くという点です。
A社としては、技術者(自分)をB社に提供して、その技術者(自分)が 何時間働いたか によって、B社からお金をもらいます。
何を納品したか ではなく 何時間そこにいたか に対してお金が発生するわけです。

この関係からか、自分が常駐先のB社にて、頑張って短時間でタスクをどんどんこなしていったとしても、A社の営業担当からは「月に○○時間以上は必要だから、足りなさそうだったら残業してね」と言われることも。
それに関連して、有給休暇を取得した場合、もちろんA社で自分が所有している有給休暇日数を消費して休むわけですが、その休んだ分(8時間)については、「他の日で残業してカバーしてね」とのこと。

有給休暇とは(・_・) …って感じでしたね。

このあたりについては実際にSESで外に出るまでわからなかったことですが、まあ不満しかなかったですね。

ただ、SESで外に出て良かった点もあります。

  • 他社の開発環境を経験できる
    他社に常駐するわけですから、そこで使用している開発環境やフロー、案件によっては新しい言語や技術に触れることが出来ます。実際、初めての言語・開発環境経験できたことは非常にプラスになりましたし、その中でも常駐先の方から高評価をいただけたことは自信に繋がりました。
  • 社外のいろんな人と関わることができる
    常駐先の人、またそのお客様先の人など、とにかく色々な人と関わることができます。SESでは、同じ会社から複数人でグループを組んで常駐する場合もありますが、自分の場合はピンでの常駐だったため、余計に人との関わりが濃かったと思います。その分コミュニケーション能力も必要ですが、その点についても特に不安を感じることは無くなったかなと思います。
  • 自社を客観的に見ることができる
    これは良くも悪くも、です。「やっぱり自社の環境って良いなー」と思えたり、逆に「えっ..自分の給料ってもっと高くてもいんじゃない?」と思えたり…。実際に自分が思ったのは後者のほうで、自分が出来ること・やってきたことを考えると、もうちょっと貰ってもいいんじゃないかなーという思いは、SESで他社に常駐するようになってから強く思うようになました。

2回目の転職を決めた理由まとめ

上記のような考えから、2回目の転職を決めた理由は、以下のようなことです。

  • SESという働き方に不安しかない
    上でも書きましたが、常駐先で仕事がなくなれば契約は終わり、また別の常駐先へ。とても不安定です。
    1回目の転職をする際にも、しっかりと自社内で腰を据えて開発が出来ることを求めていたため、この点に関しては不安・不満がありました。
  • 自分のような一般の人が使うものを作りたい
    もともと自分が新卒時に未経験の状態でIT業界に飛び込んだ理由がこれでした。
  • 年収アップしたい
    自分でもっと出来ると思ったというのもありますが、同年代の友達などの話を聞いていても、やはり自分の年収は少ないなと。「他人は他人、自分は自分」と言われるとそれまでですが、やはり将来的なことも考えるとこの状態では厳しいと思い、年収アップもしたいという思いがありました。

簡単に書くとこの3点です。
ただし、自分ではもっと出来ると思っていても、客観的にみられるのはこれまでの経験です。
プライベートで技術に触れていたとはいえ、やはり基本的に重要視されるのは業務経験なので、まだまだ経験が浅いという見られ方をするのが、実際のところで、正直、なかなかうまくいきませんでした。

短期間での転職、経験年数の少なさは明らかにマイナス要素

経験年数の少なさもそうですが、短期間で何度も転職をするということは、どんなに前向きな理由があるにせよ第一印象としてはマイナス要素となります。

まあ継続性がないという意味ではマイナスに捉えられるのは仕方がないです。新卒入社じには「とりあえず3年間は頑張れ」という風潮もありますし。

実際、この2回目の転職活動での各企業の面接では、1回目の時よりも「なぜ転職するのか。これまでの転職理由は何なのか」をより深く聞かれたなーという印象です。

1回目の転職のときにも感じましたが、やはり転職するにあたっては必ずなにかしらの理由があるわけです。
その理由についてしっかりと説明することが出来ないと、良い結果には結びつきません。
特に自分のように経験年数も浅く、短期間で転職を複数回試みている場合にはよりその理由がしっかりしていないといけないと感じました。

新卒時と同じように、転職の場合の選考フローも、書類選考→面接(数回)→内定 となります。
面接まで行けば前向きな転職であることを伝えることができますが、そもそも書類選考が通過しないこともあります。

実際、1回目の転職活動時よりも書類選考通過率は非常に低く、「まじかー」っていう感じで心が折れそうになっていました。

キャリアシートや職務経歴書の書き方にも問題があるかもしれませんが、もし同じように経験年数が浅く、さらに短期間で転職をしようと考えている方は、企業が最初に受ける印象はかなりマイナスの状態であるということを念頭に置いておいたほうがいいと思います。

マイナス要素をどうカバーするか

そこで重要になってくるのが、そのマイナス要素をどうカバーするかです。

マイナス要素をカバーするためには…プラス要素をぶつけるしかありません。

自分の場合のプラス要素(だと思っている部分)としてアピールしたのは以下の点です。

  • 技術が好きで、趣味でもプログラムに触れている
  • 色々な言語やツールの使用経験があり、それぞれへの順応スピードも速い

…正直この2点のみです。
企業によっては刺さるところもあれば、やはり経験値が足りないと思われると刺さらないし…。プラス要素としては非常に弱いなーと思いながらごり押ししていました。

ただ、SE・PGのような技術職の採用面接となると、面接官の方も現場のSE・PGの方になるため、技術的な話で好印象を与えることが出来れば次のステップ、さらには内定まで行く可能性は高くなると感じました。
もちろん、そういった方々からの質問も自然と技術的に深い内容になってきますので、上っ面の知識や感情で乗り切れるようなものではありません。

実際に2回目の転職で内定が頂けたのは、この2点のうち 「技術が好き」 という点が面接官の方に刺さったのかなと思います。
ただ好きだというだけではなく、実際に一般に公開して触ってもらえるようなものを作っていたので、面接時にもその話題で盛り上がれたことが良かったのだと思います。(おそらく)

(ちなみに、2回目の転職活動は今年(2017年)の2月からスタートして、3月中旬に無事に終わりました)

こういった具体的なプラス要素はもちろんですが、やはり書類ではなく面と向かってみないと伝わらない話し方や見た目の印象なども、マイナス要素をカバーするために重要な要素であると思います。

仕事をしながら転職活動をするにあたって

今回の転職活動については1回目の時と同様にエージェントを使用して活動しました。
仕事をしながらの転職活動となると、なかなか自由に動けない部分や、手続き的にややこしい点もあります。それが以下のような点です。

  • 面接のために休む必要がある
  • 併願企業の選考の足並みを揃える
  • 現職との退職交渉

面接のために休む必要がある

土日休みの企業に属している場合、さらに土日休みの企業の選考を受ける場合、面接を受けに行く日は会社を休む必要があります。
そのために有給休暇を消費しますし、残っていない場合は欠勤扱いになったりします。
(企業にもよると思いますが)有給休暇であれば「私用」でなんとかなりますが、欠勤となるとなかなか理由付けが難しいと思います。
さらに、短期間に何度も休むことは、現場に与える影響も大きいです。

なので、面接については出来る限り同じ日に複数企業を受けるようにスケジュール調整をする必要があります。
これがなかなか難しいのですが…。

併願企業の選考の足並みを揃える

新卒での就活と違い、転職時の内定に対しては、受諾するか辞退するかを返答するまでの期限が非常に短いです。
返答までの期間は、1週間~長くても2週間程度です。
企業側はすぐにでも入ってもらって即戦力になってほしいわけですから、その点は仕方ないですね。

そこで重要なのが、併願企業の選考の足並みを揃えるということです。
何とかして次の選考ステップの日程を後ろにずらしてもらうなどして、併願中の企業の選考ステップの足並みを揃えておかないと、本命企業、次点企業のどちらにも行けなくなるという事態になりかねません。

現職との退職交渉

次の企業が決まったとしても、現在所属している企業との退職交渉が上手くいかないと結果的に内定を破棄されることにもなりかねません。
自分の所属する企業の退職決定までのフロー(直属の上司→マネージャー→社長 など)を確認し、内定先の企業への入社日から逆算して、問題なく退職できるように準備しておく必要があります。
この際、内定先への入社日が曖昧だと「もう少し居てくれ…」となってズルズルいく可能性もありますので、全てを決めてから「●月▲日付で退職します」と言ってしまったほうがスムーズにいくと思います。
一般的にその日付の1カ月以上前に言う必要があります。

これらに関しては こうすればいい と一概に言えないため、 うまく やるしかないというのが正直なところです。

20代で2回の転職活動をして思ったこと

最後に、20代で2回の転職活動をして思ったことを以下の3点について書いて終わりにします。

1回目はスムーズ、2回目は厳しい

これまでに書いてきたことと被る内容もありますが、とにかく2回目は1回目よりも厳しいと感じました。
1回目は、業務経験年数が少なくても、転職理由がガッチリとしていなくても 第2新卒 という魔法の盾のおかげで何とかなるという印象がありました。もちろんしっかりとした志を持って転職活動することに越したことはないです。

しかし、2回目となるとそのハードルは一気に高くなります。まあ、短期間での転職、業務経験年数の少なさからも、2回目が厳しくなるというのは仕方がないことですが。

もし20代前半で転職を考えている方は、1回目の転職でしっかりと自分に合うところに行くことをお勧めします。
今になってから言えることですが、自分の場合は1回目の転職は、正直安易に判断しすぎたなと思っています。これは反省点です。

業務内容、勤務形態、取り扱っている商品など、しっかりと、しっかり確認するべきです。
これは転職限らず新卒での就活時でもそうだと思いますが、自分はここの確認・判断が不足・安易でした。

入ってみないと分からない部分というは少なからずありますが、事前の確認は大事です。
でないと、ミスマッチという理由で何度も転職を繰り返すことになってしまいます。

自分の評価がよくわかる

学生時代であればテストの点数で自分の今の能力が客観的な数値として定期的に評価できるため、自分の能力・評価が目に見えやすいです。

しかし、社会人になるとそういったはっきりとした数値的な評価は “ほとんど” なく、自分の評価が見えにくいです。

ここで “ほとんど” と書いたのは、無くはないからです。
その数値的な評価というのが、 給料年収 といったお金の部分になります。

生々しいとは思いますが、結局はここなんだろうなと。

ほとんどの企業では年に1,2回の昇給があり、それは1年または半年といった期間での評価をもとに行われます。
しかし、それはあくまでもその企業内での評価です。

転職をするとなると、「あなたの経験ならこれくらいの年収イメージですよ」といった形で内定時に額が提示されます。
ここで、1企業内での評価ではなく、その業界での自分の評価を知ることが出来ます。

もしかすると今の自分の能力ではもっと良い評価(給料)をもらえるということになるかもしれません。

他社、業界全体からの評価を知ることで自分の自信にも繋がりますし、さらに成長できる可能性も出てきます。

おそらく転職することの意味ってここにあるんじゃないかと思っています。

新卒はとりあえず3年続けろという風潮について

ありますよね、こういう風潮。
この風潮自体は悪いとは思わないのですが、この3年という期間の中で何か強い思いが生まれてきたときは、この風潮にとらわれずに別の道を目指すこともありだと思います。

たとえば、「この会社、将来的にやばそう…」とか、「就活時には曖昧だったけど、今ハッキリとやりたいことが出てきた!」とか。

そんなときは、正直3年という期間に固執するとその期間を無駄に過ごすことになりかねないので、早めに行動を起こしましょう。

歳をとると1年過ぎるスピードがどんどん早くなっていきます。

ほんとの最後に

いつもよりもダラダラと思いつくままに書き綴ってしまいました。
これだけ書くとすごく色々な経験をしてきたと思われるかもしれませんが、そんなことはなく、まだまだ経験の浅い人が書いてます。

今年の4月に新社会人になった皆さんに、こんなやつもいるんだよ と安心していただければと思います。